Webデザインや配色をサポートする新サービス | Croppy(クロッピィ)

ウェブサイトをパーツごとにスクラップできるWebサービス、Croppyを紹介します。ウェブサイトをスクラップするサービスはこれ以外にもいろいろありますが、このサービスの特徴は簡単な操作で素早くウェブサイトの一部を切り抜いて保存することができるという点にあります。twitterやfacebookのアカウントで簡単にユーザー登録ができるのもいいところです。

Croppyの使い方

Croppyでサイトをスクラップする方法はとても簡単です。

1.ブックマークレットからCroppyを呼び出す

Croppyのサイトの「追加する」というボタンからでもサイトを追加できますが、ブックマークレットをあらかじめブラウザのブックマークバーに入れておけばより簡単に追加できます。

2.カテゴリやタグを入力する

ヘッダー、グローバルナビ、フッターといったカテゴリを選び、タグなどの情報を入力します。

3.切り抜きたい部分を選択する

後はサイトが表示されるので、ドラッグして切り抜きたい部分を選ぶだけです。

Croppyのその他の機能

色彩分析

投稿したイメージに含まれる色を最大で25色表示してくれます。また、色をクリックするとその色の関連色やその色を使ったデザインを探すことができます。

フォロー機能

他のユーザーをフォローすることができ、フォローしたユーザーの投稿をフォロー新着から確認できます。

Croppyは手軽さを重視したWebサービス

Croppyの使い方について簡単に紹介しましたが、詳しい内容はCroppyの使い方 | Croppyをご覧ください。

Croppyは使い方はもちろん、ユーザー登録方法やCroppyのサイト自体も手軽さ、使いやすさを重視しているWebサービスだと感じます。ユーザー登録しなくても、サイト自体もデザインアーカイブとしても使えます。ぜひ一度チェックしてみてください。